社会人・学生向けの夜間クリエイティブスクール。原宿の東京デザイン専門学校が運営。

カメラマン近藤伍壱氏の講義(グラフィックデザインコース)

2017.11.21 

グラフィックデザインコース 特別講義

 

グラフィックデザインコースではカメラマンの近藤伍壱氏をお招きし、2回に渡る講義を行っていきます。

東京デザイン専門学校 カメラマン 特別授業 夜間社会人 

近藤伍壱氏はフリーランス写真家として広告写真や雑誌の分野で活動する傍ら、写真作家としても活動していらっしゃる方です。

 近藤伍壱氏の詳しいご紹介は、こちらから!⇒ 広告写真スタジオ ROBIN HOOD  

 

11月14日(火)

第1回目の授業では、”カメラや撮影の基礎”から”広告写真の撮影”に関する講義を、さまざまな実演を含めながらじっくり丁寧に進めてくださいました。

広告写真を撮るときの考え方や”光”の使い方等々の知識は、まさにこれからポスター制作の課題に取組もうとしている受講生のみなさんに、すぐに活用できる濃い内容!熱心に聞き入るうちに2時間30分、授業はあっという間でした。

この講義を境に”画像”への意識が大きく変化し始めたのでは。

 

11月21日(火)

第2回目の講義は、既に仕上げてある課題”パッケージ”を使っての撮影実習で、これから取組む課題 ”ポスター制作” に繋がっていく ”広告写真” の撮影です。

自分がデザインしたパッケージに”背景”もいろいろ準備。思い描く”イメージ” をカメラマンへ細やかに伝えながら1枚の画像に表現するという、とても貴重な体験です。近藤氏とアシスタントの荒澤さんのおふたりが、受講生のひとりひとりの世界観を丁寧に引き出していってくださいました。

みなさん、イメージをしっかり伝えることが出来たでしょうか?!”ポスター”の仕上がりが楽しみです!

東京デザイン専門学校 カメラマン 特別授業 夜間社会人 

ページトップへ