社会人・学生向けの夜間クリエイティブスクール。原宿の東京デザイン専門学校が運営。

広告用写真撮影実習を実施(グラフィックデザイン1年コース)

2017.2.27 

グラフィックデザイン1年コース 特別講義

 

プロカメラマンの大谷十夢治(オオタニトムジ)氏を招いて「広告写真撮影の実習」授業を実施しました。

大谷氏はギターなどの楽器や有名アーチスト等を中心に、数多くの撮影をされている現役のベテランカメラマンです。 

大谷十夢治写真事務所 

 

実習では受講生が作成した絵コンテを基に撮影をしていきます。事前に用意した小道具を絵コンテと同じように配置しながらの撮影は思っていたより大変です。以下は絵コンテと実際に撮影された写真となります。

 

絵コンテ  撮影画像

 

 

  

 

 

  

 

 

講義に参加した受講生のコメント(原文)

●Sさん

 自分なりにこだわって作ったアクセサリー(ハンドメイド)を撮影させていただいて、かなり満足しています。商品のように撮影してみたいと思っていたので チェーンの置き方、小物の配置等を丁寧に決めたので1時間半くらいかかってしまいましたが、とても良い経験になりました。

 

●Tさん

カメラマン視点でのアドバイスをくださり、とても綺麗にとっていただけて自分が撮ったものと比べものにならないほど綺麗で驚きました。

 

●Kさん

ラフを組んでも実際にセットすると違ったり、実物の存在感や色みはその場でない分からないということも学びました。

ページトップへ