社会人・学生向けの夜間クリエイティブスクール。原宿の東京デザイン専門学校が運営。

カメラマン 近藤伍壱氏の講義(グラフィックデザインコース)

2018.6.22 

グラフィックデザインコース 特別講義

今回、特別講義にお招きしたのは、カメラマンの近藤伍壱氏です。

近藤氏はフリーランス写真家として広告写真や雑誌の分野で活動する傍ら、写真作家としても活動していらっしゃる方です。

 近藤氏の詳しいご紹介は、こちらから!⇒ 広告写真スタジオ ROBIN HOOD  

 

この特別講義は、6月12日と19日の2週に渡って行われました。

 

6月12日(火)第1回目授業

 1週目は、次週行うポスター撮影のラフ案プレゼンです。

 受講生ひとりずつ、完成イメージやセッティング詳細を説明していきました。

 近藤氏から、どこをどう変えるとどんな変化が起こるか、どこに違和感があるか等々の細やかにアドバイスをしていただくと、「そう!!そんな感じにしたいんです!」とうなずく受講生のみなさん。撮りたいイメージへと、どんどん近づいていく様子でした。

 特別講義の様子 東京デザイン専門学校

6月19日(火)第2回目講義

 今日は”デザイナーがカメラマンと仕事をする”想定の体験授業です。

 先週プレゼンした”お菓子のパッケージ”のポスター用画像を、近藤氏が撮ってくださいます。

 この”お菓子のパッケージ”のお菓子の”味”は自由なので、ひとりひとり準備した背景セットは果物やお酒等々食材も個性が出ていてかなりバラエティー。

 いざ撮影が始まると、欲しいイメージ(配置や明暗はもちろん雰囲気まで!)をカメラマンへ確実に伝えようとコミュニケーション力を発揮していく受講生のみなさん。楽しそう!

 近藤氏とアシスタントの荒澤さんのおふたりがとても丁寧に対応してくださり、全員の撮影が無事に終了しました。

 次の授業からいよいよポスター制作の課題に突入します。

 特別講義の様子 東京デザイン専門学校

 特別講義の様子 東京デザイン専門学校

 

ページトップへ