社会人・学生向けの夜間クリエイティブスクール。原宿の東京デザイン専門学校が運営。

受講生デザインのロゴマークをリフォーム製品に使用していただきました

2017.7.14 

受講生が制作したロゴマークがこのほど鹿沼健康住宅推進協議会の耐震健康シェルター命守(いのちもり)に使用していただきました。

 

この作品は企業からの課題に取り組む授業~企業課題~の一環として、クライアント「森の駅推進協議会」様から出された課題にグラフィックデザイン1年コース・2015年10月期の受講生が取り組んだもの。

※「鹿沼健康住宅推進協議会」は鹿沼森林組合と 森の駅推進協議会内の健康住宅研究会との合同事業体です。

 

今回使用されたデザインはその中でも優秀作品として選抜された作品で、今回の使用に際してはデザインの一部をアレンジしています。東京ビックサイトで開催された「リフォーム産業フェア2017」で披露されました。

 

東京デザイン専門学校 木っずシェルターロゴ

これがアレンジされたロゴマーク

 

シェルターロゴ 展示の様子

 

制作者コメント

渡辺唯さん
ターゲット層が年配の方ということで、シンプルでわかりやすいことを重視してデザインしました。
単純に木っずルームのルーム部分をシェルターやリフォームに変更すると長くなり過ぎてバランスが悪くなってしまうためシンプルで認識され易く、全体を明るいイメージでまとめる点で苦労しました。
当初は学校の課題として制作したロゴが個人で依頼を頂き、木っずシリーズとして展開して頂けるのはとても光栄でした。

 

 

なおオリジナルのデザインは2018年から本格的に、「木っずルーム(木材をふんだんに使用した子供部屋)」のロゴマークとして、販売・広報に使用される予定です。

東京デザイン専門学校 木っずロゴ

 

 

ページトップへ