社会人・学生向けのクリエイティブスクール。原宿の東京デザイン専門学校が運営。

授業に際しての感染症対策

2020.8.12 

 

・検温

校舎入口に設置したサーマル(熱検知)カメラで来校者の体温をチェックしています。

・パーテーションの設置

受付や学生ホールではパーテーション等の設置で飛沫感染を予防します。

 

感染症対策

 

・教室使用時の「密接/密集」回避

1クラスの人数が教室の収容可能人数の半数程度を超えない範囲で授業を行っており、授業中は最低一名分以上の席を空けて着席をしていただいてます。

・マスク・フェイスシールドの着用

講師はマスクを着用し必要に応じてフェイスシールドも使用します。

・換気

換気扇を常時運転し、かつ教室や廊下等での窓や扉の2か所以上を開放しています。

感染症対策グッズ

感染症対策グッズ

・消毒 石けんや消毒液を学内各所に設置し、受講生・講師のこまめな手指消毒を徹底しています。 机・椅子、PC等備品、共用部(ドアノブ・スイッチ類等)の定期的な消毒も実施中。

 

 

ページトップへ