社会人・学生向けの夜間クリエイティブスクール。原宿の東京デザイン専門学校が運営。

イラストレーションコース

東京デザイン専門学校 夜間社会人イラストレーションコース授業様子

プロのイラストレーターの指導で本格的にイラストを学ぶコース。さまざまな画材もマスター!

色鉛筆やパステル、水彩絵具などの手描き画材とデジタルイラスト技術を学び、後半では自分のイラストの確立を目指して課題制作に取組んでいきます。修了時には、売込みや展示会開催もできるレベルに。

パソコン本体/ソフト/ペンタブレットは学校の機器備品を使用しますので自費購入の必要はありません
制作課題の一部
色鉛筆、モノクロ画、デッサン/クロッキー、透明水彩、アクリル画材、パネルイラスト、パステル、デジタルイラストレーション、イラストエッセイ、アートブック ・・・等々

☆課題は変更になる場合もあります

≪コース概要≫

期間

1年

開講日

2019年4月23日(火)
授業

火曜・木曜=19時~21時30分

土曜=13時30分~16時 ※

※ 展示体験授業(年1回)のみ10時~16時

 

 

東京デザイン専門学校 夜間社会人インタビュー様子

受講生にインタビューを行いました!

主な履修ソフト
Illustrator
Photoshop

3つの特徴

  • 東京デザイン専門学校 夜間 イラスト 特徴

    さまざまな画材を使えるようになるだけじゃない!

    色々な画材を使いその性質を把握しつつ、徐々に発想に重点を置いた課題に移行。個別の指導も多くなる中で、”自分のイラスト”を深めていきます。
  • 東京デザイン専門学校 夜間社会人イラストレーター

    現役イラストレーターの講師が伝える技術と情報

    現役イラストレーターが講師陣。授業では技術のみならず、リアルなイラストの仕事のことも学んでいくことができます。
  • 東京デザイン専門学校 夜間社会人デジタルイラスト

    デジタルイラスト制作の技術もしっかり学べる

    デジタルの技術はぜひ使いこなせるようになろう!Photoshop、Illustratorとペンタブレットを使って表現の幅をさらに広げていきます。

特別講義

特別ゲストが語る、イラストの可能性や楽しさ!
イラストレーションに関係する分野の専門家を招いての特別講義!

絵本作家やブックカバーデザイナーなどの専門家による特別講義は、受講生ひとりひとりが描くイラストレーションの可能性を広い視野で捉える貴重な機会。

≪ TOPICS ≫

1号館校舎のギャラリーに作品を展示

 

「修了作品展」の準備を先日、1号館校舎の1階ギャラリーで行いました。

この「修了作品展」は例年実施しているもので、この日は夕方から課題作品をパネルに入れたり、ワイヤーで吊るすなどして飾りつけ。配置を考えながら皆で意見を交わしながら進めましたが、原宿のギャラリーを借りて行った「作品展示体験」授業の経験が早速この日の作業に活かせたかも?

 

修了作品展のご案内

東京デザイン専門学校 夜間社会人

イラストレーター・中村彰男氏を迎えての特別講義

 

お仕事でイラストを描く際の実体験などを、実際の作品を紹介しつつお話いただきました。

作品の手直しを後日求められることも想定して制作に当たるなど、プロならではの経験談に受講生も興味深く耳を傾けていました。

他にも受講生の作品に個別でコメントしてくださり、良い点はもちろん手を加えればさらに良くなる箇所などをピンポイントで具体的に指摘。普段の授業とはまた違った視点からのアドバイスは大いに参考になったようです。

 

詳細はコチラ

東京デザイン専門学校 イラスト 特別講義 中村彰男氏

 

原宿のギャラリーでグループ展を開催しました!

準備を進めてきた受講生のグループ展を12月9日(土)、原宿のデザインフェスタギャラリー原宿で開催しました。

授業で制作した作品を中心に名刺や小物もこの日のために準備。twitterやDMでの広報、さらに会場で流す動画まで用意して開催当日を迎えました。

11時から16時までの開催時間、訪れた方に作品の説明をしたり同じギャラリーで展示中のクリエーターさんたちとコミュニケーションを取ったりと、この授業ならではの得難い経験をしたようです。

 

詳細はコチラ

東京デザイン専門学校 夜間社会人展示準備様子

絵本作家を招いての授業を実施しました!

授業「特別講義」で絵本作家・森野さかなさんをお招きしました。

絵本制作にまつわるお話やイラストレーターになるまでの経緯など、当日は実体験に基づくお話をしていただきました。他にも発想力を引き出す連想ゲームも。

 

詳細はコチラ

 

東京デザイン専門学校 夜間社会人森野さん講義の様子画像

各自が課題を発表「講評会」授業

それまでの課題作品を1人づつ発表する「講評会」の授業を行いました。

1年間の折り返し時点のため、今回は前半期の手描き作品が中心です。

教室前方のホワイトボードに1人づつ作品を掲示し、自由テーマ作品のコンセプトなどを

プレゼンテーション。それに対し講師がコメントをしたりクラスメートが感想を述べ合いました。

 

東京デザイン専門学校 夜間社会人イラスト講評会

講師よりメッセージ

●イラストレーションコース担当

 柏崎義明 講師(イラストレーター)

 

柏崎講師

東海大学デザイン学課程卒。(株)ワンダーランド、(株)日本デザインセンターイラスト部を経てフリー。

モーターマガジン社、バイク雑誌ゴーグルの表紙を2年間描く。他に、トヨタ車のカタログ、ブリジストン、コンチネンタルタイヤ、ホンダ、ディズニーランド、鴨川シーワールド、東京サマーランド、等のポスター、文庫本、食品、ゲームパッケージ等を手がける。近年はプラモデルのパッケージを描く傍ら、3Dで恐竜の生体復元に挑戦しています。AAF (オートモビル・アート連盟)会員、東海大学講師、東京デザイン専門学校講師

●手掛けた作品

東京デザイン専門学校 夜間社会人ティラノサウルス 東京デザイン専門学校 夜間社会人恐竜

「恐竜えほん ティラノサウルス」柏崎義明/絵 金の星社刊

 この10年でイラスト及びアート界は大きく変わりました。

以前は、ごく一部の特別な技術とネットワークを持った者だけが活動の場として関われた世界が、個々の行動力と発信力によって誰でもが活躍出来る場になりました。皆さんもご存知のように今はグローバルなネットワーク社会です。Facebook、mixi、ホームページ、ブログ、各種アートイベント等、個人が発信する環境はたくさんあります。年齢、性別などは関係ありません、各自が本当に描きたいもの創造したい物を作り全世界に発信し活動しています。イラストレーションコースの修了生の方々は受講をきっかけとして、活動の仲間とノウハウを得てさまざまに発信しています。

アナログ、デジタル表現、各種イベント、外部へのアプローチなど様々なカリキュラムがあります。同じ志を持った仲間と絵を描くことによって活動の場を広げる、楽しい世界が待っています。扉を開くのはあなた自身です。 


 宮本和沙 講師(イラストレーター)

 

宮本講師

愛媛県出身。女子美術大学卒業。1988年頃からフリーとして書籍、女性誌、web等を中心に活動中。エクササイズ、美容健康、ウェディング、着物系のイラストが得意。著書に「イリーナペレンのバレエ絵本」、LINEスタンプも好評発売中。好きなことはバレエと読書と料理と植物。

●手掛けた主な仕事(企業)

宮本講師作品 東京デザイン専門学校 夜間 社会人 宮本講師作品 東京デザイン専門学校 夜間 社会人 宮本講師作品 東京デザイン専門学校 夜間 社会人 宮本講師作品 東京デザイン専門学校 夜間 社会人

ちふれ 販売員むけマニュアルイラスト、コクヨ カウネット カウネットクラブイラスト、花王 フリーディ サイトイラスト、みずほ銀行 サイト内イラスト、J-com番組表 表紙イラスト担当、三井住友銀行 フリーペーパー「家楽手帖」中イラスト、イオングループ カード会員会誌報「MOM」中イラスト  etc 

私のイラストはアナログとデジタルをかけあわせて描くことが多いです。デジタルを使いこなすとイラストの表現の幅が広がりますし、印刷物なども思い通りに作れるようになります。それはきっとこれからの制作活動の大きな手助けになります。

作品の幅が広がるようなお手伝いができればと思っております。

 

OB&OGインタビュー

グラフィックデザイナー 大川 由美さん

イラストレーション1年コース 修了

東京デザイン専門学校,社会人向け,大川由美さん

グラフィックデザインコース修了後、今度はイラストを学び始めました!

グラフィックのコースを修了後デザイナーとして働き始めたんですが、イラストが描ければ仕事にいっそう広がりが出ると思って、今度はイラストレーションのコースを受講したんです。

 

手描きイラストの授業では「修正が困難」という点にプレッシャーを感じたり(笑)、デザイン制作とイラスト制作ではパソコンソフトの使い方も異なることを知ったりとか、いろいろな経験がありました。

 

キャラクターづくりやアートブック制作など思い出深い授業もいっぱいありましたけど、やっぱり一人だけでは描くことを続けられなかったと思います。

クラスメイトと一緒に学ぶことが励みにもなったし、良い刺激をお互いに与え合うことでモチベーションも保てたんだなと感じます。

 

 

OB&OGインタビュー一覧はこちら

カリキュラム

  • 色鉛筆 東京デザイン専門学校 夜間 社会人 スクール

    色鉛筆

    モノクロの下絵を色鉛筆で着彩。画材の特性を活かして柔らかなタッチに仕上げます。
  • 鉛筆トレース 東京デザイン専門学校 夜間 社会人 スクール

    鉛筆トレース

    黒インクや墨汁を使った単色のイラスト制作。シンプルなればこその、味わい深い描写に気付かされます。
  • クロッキ・デッサン 東京デザイン専門学校 夜間 社会人 スクール

    クロッキー・デッサン

    人体や静物を描写して基本的なスキルをアップします。じっくり時間をかけて形や質感をとらえます。
  • 透明水彩 東京デザイン専門学校 夜間 社会人 スクール

    透明水彩

    美しい色の重なり、伸びや滲みが透明水彩の特徴。それらを活かして、瑞々しく清々しい透明水彩絵具ならではの、表現を学びましょう。
  • アクリル画材 東京デザイン専門学校 夜間 社会人 スクール

    アクリル画材

    扱いやすく発色が豊かなアクリル絵の具!薄く塗り重ねたり、油絵のように厚く盛ったり。精密な描写や勢いのある大胆な作品も制作可能。
  • パネルイラスト 東京デザイン専門学校 夜間 社会人 スクール

    パネルイラスト

    木製パネルに描く自由課題。下絵から仕上げまで、手作業で丁寧に描きあげる作業の積み重ねがポイント。
  • パステル画 東京デザイン専門学校 夜間 社会人 スクール

    パステル

    パステルの持ち味は独特の柔らかな風合い。その特徴を活かして人物や風景などさまざまな題材を、温かみのある質感で表現します。
  • デジタルイラスト 東京デザイン専門学校 夜間 社会人 スクール

    デジタルイラストレーション

    パソコン・グラフィックソフト(Photoshop&Illustrator)・ペンタブレットを使いデジタルイラストを制作。表現の幅が広がり、Webサイトへのアップなど多方面で役立ちます。
  • 名刺デザイン 東京デザイン専門学校 夜間 社会人 スクール

    名刺デザイン(デジタルイラスト)

    Illustratorを使いオリジナルの名刺を制作。イラストレーターデビューへの、必勝アイテムかも?!
  • イラストエッセイ 東京デザイン専門学校 夜間 社会人 スクール

    イラストエッセイ(デジタルイラスト)

    IllustratorやPhotoshop、ペンタブレットを使いイラストエッセイを制作。
  • アートブック 東京デザイン専門学校 夜間 社会人 スクール

    アートブック創作

    オリジナルイラストを10ページ前後のアートブックに仕上げます。テーマ・画材は自由。好きな題材で思い切り楽しんで描いていきます。物語を加えて絵本にする人も。世界に1つの素敵なアートブックを完成させます!
  • 展示体験 東京デザイン専門学校 夜間 社会人 スクール

    展示会体験

    原宿のギャラリーを借りて、クラス全員でのグループ展を行います。限られた空間にいかに展示するかみんなで企画。この経験は将来、個展を開く時に大いに役立っていきます。

講座概要

 

開講

4月

曜日 火曜・木曜・土曜  (週3日3コマ)
回数/時間

104回(260時間)・週3日

火曜・木曜(夜間)

19:00~21:30

土曜(昼間)

13:30~16:00

(「展示会体験」の授業日のみ10:00~)

受講費用

入学金:50,000円(税込)

受講料:400,000円(税込)

教材費:20,000円程度

講師

柏崎義明/イラストレーター

宮本和沙/イラストレーター

☆講師編成は変更となる場合もあります

割引制度

制度詳細

【入学金割引】

対象:2月末までに受講をお申込の方

割引額:5,000円(10%OFF)


【受講料割引 1.】

・来校者割引

対象:学校見学やイベントの参加者

割引額:10,000円

 

コース紹介のイベント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【受講料割引 2.】

・ダブルスクール生支援制度

対象:大学・短大・専門学校等と並行して

受講される方

割引額:40,000円(10%OFF)

 

☆1.と2.の両方を充たしている場合、

 2.が適用されます(重複適用不可)。

 

 

東京デザイン専門学校 夜間社会人 イラスト

 

 

修了生の採用実績はこちら

イラストレーションコース受講生作品ギャラリー

※各作品の画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

コース紹介のページへ戻る

作品ギャラリーの続きを見る

受講生作品ギャラリー一覧はこちら

修了生の活躍情報

ページトップへ