社会人・学生向けの夜間クリエイティブスクール。原宿の東京デザイン専門学校が運営。

特別講義の模様

プロカメラマンによる広告用写真撮影の特別講義

グラフィックデザイン1年コース(10月生)の特別講義を、6月3日(金)と8日(水)の2日間にわたって実施しました。

今回の講義をしてくださったのは、株式会社ブロウアップ会長取締役・寺崎道児氏とカメラマンの新山貴一氏のお二人です。初日の講義では、広告における写真の重要性を理解し、次の授業では実際にカメラマンとコミュニケーションをとりながらの撮影現場を体験しました。

●6月3日(金)の講義
同社が手掛けた作品の紹介に始まり、撮影のノウハウについての講義でした。受講生が制作した商品広告のラフコンテのプレゼンテーションとその講評も行われ、最後にはデジタルカメラを用いての撮影法も教えてくださいました。

講義の様子  東京デザイン専門学校 夜間 社会人スクール 講義の様子撮影 東京デザイン専門学校 夜間 社会人スクール


●6月8日(水)の講義
恵比寿にある同社スタジオでの撮影実習が行われました。授業のためにスタジオ全部を解放してくださり、受講生は各自用意した小道具を広げてカメラマンにイメージを伝えていました。カメラマンの方からいろいろなアドバイスをいただきながら、順番に撮影が進行。

自分がイメージするものをカメラマンに正確に伝えることがいかに大切で、時に難しいか、しっかりと体験していた様子。受講生の初めての挑戦にじっくり丁寧に対応くださったブロウアップの皆さま、どうもありがとうございました!

撮影の様子 東京デザイン専門学校 夜間 社会人スクール 撮影の様子2 東京デザイン専門学校 夜間 社会人スクール

デザイナーにとって、撮影を含めたディレクションは必須項目です。今回の経験はいつか現実の仕事のなかで、きっと活かされることでしょう!

ページトップへ